グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム > 幼稚園の生活 > 一日の保育の流れ

一日の保育の流れ


友達と一緒に、のびのびと個性が光る毎日を過ごしています

幼稚園での一日をご紹介します。

登園・朝の挨拶・所持品の始末・園庭での遊び

9時00分

「おはようございます!」園児たちと先生の元気なあいさつで幼稚園の一日が始まります。

あいさつのあとは、持ち物を整理してお友達と遊びます。
「今日は、どんなことをして遊ぼうかな?」園児たちは、かけっこをしたり、砂遊びをしたり、おおはしゃぎです。
それぞれやりたいことを見つけて遊び、その中で自主性や集中力などが自然と身についていきます。

片付け・体操、鉄棒、縄跳び、ボール遊びなど

10時30分

お片づけをすませた後は、クラスごとに先生を中心としてみんなそろって集団遊びをします。
仲間意識が育っていきます。

入室・当番活動

10時45分

出席を確認したり、歌を歌ったり、お当番を紹介したりします。

クラスで活動します。製作、表現遊び、ごっこ遊び、ゲーム遊びなどに取り組みます。毎日わくわくがたくさんです。

昼食の時間

12時00分

「いただきます!」
お昼の楽しみは、やっぱり栄養満点の給食や、お母さん手作りのおいしいおいしいお弁当です。

食べ終わった後には、「ごちそうさまでした!」とあいさつも忘れません。

午後の活動

13時00分

お腹もいっぱい、元気もいっぱい!

午後は広~い園庭や保育室で自由にのびのびと遊びます(ままごと遊びやサッカー、ドッジボール、虫取りなど)。
子どもたちが自分を思い切り表現する大切な時間です。

降園準備

14時00分

帰りの支度をし、次の日の予定など先生からのお話を聞きます。
絵本を見るのもだ~いすき!

降園

14時30分

先生に「さようなら」と並んであいさつをして、徒歩や園バスのグループが集まって、とってもにぎやか。
また明日、元気に登園しようね。