グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム > 教育方針と特色 > 「かがくのかだん」(考える花壇)

「かがくのかだん」(考える花壇)


10月21日 花壇をきれいにしました。

渡辺先生は、打瀬のビオトープも管理しています。

大運動会後、土を休ませておいた「かがくのかだん」。今日、いつも花木の指導をしてくださっている「渡辺先生」にお手伝いしていただきながら整備しました。園舎に向かって右側の花壇には「葉ボタン」と「きんせんか」の苗を植え、左側は「こまつな」と「きんせんか」の種を蒔きました。また、蝶が集まる木といわれる貴重な「ブットレア」も植えてくださいました。子どもたちと生長を楽しみにしながらし、大切に育てていきます。

〇で囲ったところに、蝶の集まる木「ブッドレア」を植えました。

カマキリの産卵場面発見!

「ブッドレア」(和名:フサフジウツギ)=蝶の集まる木です。 花期は6月~9月ですが、10月中旬の
今もきれいに咲いています。香りも良いです。園にいらした際は、ぜひ、ご覧になり匂いも嗅いでみてくだ
さいね。

カマキリの産卵シーン YouTube

どこが卵で、どこにカマキリがいるでしょうか。

園児が花壇でじゅず玉集めをしていた時に、偶然カマキリの産卵場面を見つけました。珍しいシーンなので皆さまにもお見せしたくてYouTubeにあげました。

画像をクリックすると、YouTubeにとびます。